ゾンビランドサガとラブライブ!の比較【アイドルアニメの系譜】

©ゾンビランドサガ製作委員会

2018年10月期のアニメでも3本の指に入る人気作だったんじゃないかと思われる『ゾンビランドサガ』ですが、この作品は『ゾンビもの』であり『アイドルもの』でもあるという作品です。

しかし個人的には、『アイドルもの』というニュアンスが一番シックリくる分類だなと感じています。

そこで今回は、アイドルアニメの金字塔である『ラブライブ!』と本作を比較して見ようと思います。

『ゾンビランドサガ』と『ラブライブ!』

インパクト要素

ゾンビランドサガの場合

『ゾンビランドサガ』のインパクト要素は何といっても、「ゾンビがアイドル」という点です。

物語冒頭でアイドルにあこがれる少女がこれからアイドルを目指していく話…かと思いきや車に轢かれる所からのスタートは良い掴みだったと思います。

ゾンビ=生前があるという点も個別ストーリーで生かされていて、ゾンビならではの描き方となっていたんじゃないでしょうか。

ラブライブ!の場合

対して『ラブライブ!』のインパクト要素は、「アイドルが部活動」という発明にあります。

アイドルアニメというものは過去にもありましたが、基本的にアイドルというものは芸能活動の一つですから、やはりそういった文脈で語られる事が多かった事でしょう。

しかしそういった「芸能界=生臭い要素」から「部活動」という閃きでアイドルというものをすくいあげたのは、まさにアイドルアニメ史上最大の発明だったと言えるんじゃないでしょうか。

シナリオ展開

それぞれにインパクトのある要素で良い感じの掴みに成功した両作は、その後の展開に関しては共に「王道路線」をひた走る事になります。

笑いとアイドル活動のバランスに関してはそれぞれに個性があるものの、基本的な流れとしては起承転結の分かりやすい、物語の定番に沿った進行をして行きます。

言うなれば、

『ゾンビランドサガ』=「地域密着型アイドルのサクセスストーリー(ただし全員ゾンビ)」

『ラブライブ!』=「アイドル部を舞台にした青春スポコン物語」

といった感じで、インパクト要素で作品の個性を出した分、ストーリー展開は非常にメジャーな展開を採用していると言えます。

こういったストーリー展開のメジャー進行が、多くの視聴者が作品を理解しやすい=間口の広さに繋がっている訳です。

ゾンビランドサガは立派なアイドルもの

このように、『ゾンビランドサガ』と『ラブライブ!』には共通点も多く、アイドルアニメとして確固たるアイデンティティを有している事がわかります。

『ゾンビランドサガ』の感想として、インパクト要素が効果的に効いている事で「アイドルアニメではない」といった感想を持ってらっしゃる方もいるようですが、この作品は間違いなく『ラブライブ!』以降のアイドルアニメとして分類するべき類型の中にある作品だと言えます。

製作者がどの程度『ラブライブ!』を意識していたかは分かりませんが、『ラブライブ!』が開いたアイドルアニメの可能性、その延長線上にこの作品がある事に疑いの余地はありません。

アイドルアニメの可能性

『ゾンビランドサガ』が人気を博したように、アイドルアニメは多くの可能性を秘めていると思います。

しかしその着想として大事な事は、3次元のアイドルとアニメで描かれるアイドル(アイドルアニメ)は全くの別物であることを認識する必要があるのではないでしょうか。

『ラブライブ!』がこじ開けたアイドルアニメの可能性の延長上で花開いている作品というのは、実はあまり多くないように思います。

それはひとえに、製作者側がアイドルを作ろうとした場合、「3次元のアイドルを素地にし過ぎる」のがボトルネックになっているように思えてなりません。

アイドルアニメを描くのであれば、3次元アイドルとは全く別の存在である「アニメとしてのアイドル」というものを志向していかないといけない。

それが出来ずに作られるアイドルアニメというのは、言ってしまえば「ラブライブ!以前」に逆戻りしたようなものなのです。

『ラブライブ!』がなぜあれほどまでにヒットしたのかと言えば、ひとえに3次元アイドル的なしがらみを「部活動」という装置を使う事で綺麗に消し去ったからこそです。

アイドルアニメが持つ可能性を、(3次元的意味での)アイドルを描く気しかない製作者の思考が潰し続けている…そう思えてなりません。

そんな中で登場した『ゾンビランドサガ』ですから、個人的にはまさに『ラブライブ!』の後継者といった印象が強くなっています。

もちろん、異世界モノなんかにも言える事ですが、別に無理してアイドルアニメをやらなくても良いんですけどね?

ただどうせやるなら、アイドルアニメにも様々な可能性が広がっているんだから、色々とやりようはあるでしょ?という話なだけで。

『ゾンビランドサガ』の出現がアイドルアニメにどのような影響を与えて行くのか、そこのところが何よりも興味深いのでした。

『ゾンビランドサガ』を全12話見た感想【アニメ全話レビュー】

©ゾンビランドサガ製作委員会 ©2013 プロジェクトラブライブ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。