Windowsアップデートで音がおかしくなったけど解決しました【ウィンドウズUPDATE】

強制的に執行されるWindowsアップデート、怖いですよねぇ…。

セキュリティ関係でどうしてもしなければならない項目もあるでしょうから一概に否定はできないんですが、まったく問題なかった部分に異常をきたしたりするからまぁ怖い。

実際昨夜行ったアップデートの結果、なんか音がおかしくなってしまいまして。

無事に解決出来ましたが、同じような症状で困っている人もいるかもしれないので、解決の経緯を記事として残しておこうと思います。

Windowsアップデートの結果、音がおかしくなった&解決したお話

音がおかしい

アップデート後、とりあえずアニメでも見ようかとdアニメストアのサイトでアニメを再生してみました。

すると、最初はそこまで強い違和感はなかったんですが、キャラクターがしゃべり出すと…あれ?めっちゃ籠ってるんですけど、というか凄く聞こえにくい。

これは明らかに何かおかしいぞと思い、原因がdアニメストアにあるのか、それともこのPCにあるのかを確かめるべく、ほかのソフト等でも音声を確認して見る事に。

試しに音楽プレイヤーで曲を流してみると…やっぱりおかしい、特にボーカル曲で顕著におかしな音になる事を確認。

これは明らかに、このPCの音声がおかしな事になっていますね。

これは面倒な事になってきたぞ…とWINDOWSアップデートを呪いながら、原因の究明と正常な音声環境を取り戻すべく調べていく事に。

原因と解決

まずは基本的な項目から攻めていきます。

これはサウンド関係のドライバーがやられたか?とサウンドドライバーを確認してみると、正常に動作していると出ます。

ここで決着がついてくれると有難かったんですが、原因は他にあるようです。

ちなみにドライバーの確認は、デバイスマネージャー内にあるサウンドの項目から確認して下さい。

デバイスマネージャーの場所が分からない場合は、デスクトップ右下にある検索窓で「デバイスマネージャー」と入力して検索すると出てきます。

ちなみに自分はサウンドカードに「Sound Blaster Audigy FX」を使っているので、その項目を確認しました。

うーん…と思いながら、ひょっとして…と思って、「Sound Blaster Audigy FX」独自のユーティリティーソフトが入っていたかも?と思ってアプリ一覧で探すと、ありました。

creativeの項目内に「Sound Blaster Audigy FX コントロールパネル」なるものを発見。

いよいよ確信に迫って来た期待感の中、原因はどこだろうと探って行きます。

まずは分かりやすい「スピーカー/ヘッドフォン」の項目から確認していきます。

スピーカー/ヘッドフォンの構成で原因を発見、スピーカーの構成が「5.1サラウンド」になってました。

自分の環境はスピーカー2つの構成なので、残りの3.1ch分の音が出てなかったって事ですね。

人の声が聞こえるような場面で特に違和感が大きかったのは、残りの3.1ch分が音声の大部分を担っていたからなのでしょう。

という訳で、自分の構成にあった設定(ステレオ)に直して無事に元の環境を取り戻しました。

これで大丈夫…としばらく使っていたんですが、やっぱりちょっと音がオカシイ(音が籠っているような…)と思って他の項目をチェックすると、犯人特定。

ここの「Surround」の項目にチェックが入っているのが原因だったようです。詳しくはわかりませんが、5.1chの時には有効な設定なのでしょう。

人によっては2ch環境でも有用なのかもしれませんが、個人的には無い方が良いかな?と感じたので、チェックを外しておきました。

チェックを外すとようやく元の音に戻りました。ほかの項目はこれから好みで入れたり切ったりしようかと。

音がおかしい時は5.1chを疑え!

このように、音が出てはいるけどなんかオカシイ…という場合は、スピーカーの設定が5.1ch用になっていないかを確認してみると良いと思います。

今回のケースで、2chスピーカーの環境で5.1ch設定に切り替わってしまうとどういった事が起こるのかを体験できたので、今後は同じような事があった時はすぐに解決できるでしょう。

それにしても、アップデートが終わったら突然音がおかしくなってたりするんですから、怖いものですよ。

自分は多少なりともパソコンの設定を触る事に慣れていたから良いものの、それこそ自分で細かな設定をしたことがないような人だと、どうしたら良いか分からかったりもするんじゃないでしょうか。

今回は結果的に大したことない理由だったので、自分でも簡単に解決できましたが、専門的な知識を持っていないと本当に原因が分からない厄介なケースもあり得るでしょうし。

とまぁ、迷惑極まりない事件でしたが、そのうちに5.1chを試してみるのも悪くないかもな…なんて事を思ったりもしたWindowsアップデートでの一幕でした。

そうするにはまず、背面スピーカーを置ける環境づくりが必要になるので、多分当分先の話にはなりそうですが。

ディスプレイ付属のスピーカーから音が出る様になってしまった場合

先述のケース以外にも、Windowsアップデートの度にちょくちょく音の出どころがおかしくなったりしています。

一番多いのは、普段はサウンドカード経由でスピーカーから音を出しているのに、アップデート後になぜかディスプレイに備え付けられたスピーカーから音が鳴っているというパターン。

これに関しては簡単に解決できます。

スタートボタンの右にある検索窓に「サウンド」と入力して検索すると、「サウンドの設定」という項目が表示されると思いますので、その画面へ飛びます。

そのページに「出力デバイスを選択してください」という項目があると思います。

そこで選択されている出力デバイスが、恐らくはディスプレイのものになっているんじゃないでしょうか。

その選択を本来使っていたスピーカーに変更します(自分の場合なら「スピーカー(Sound Blaster Audigy Fx)」と表示されています)。

これによって、今まで通りのスピーカーから音が出る様になったと思います。

こちらのケースは頻繁に発生するので、アップデートの度に「あぁ、あれね」とすぐに直せるようにしておいた方が良いでしょう。

8 COMMENTS

匿名

私も5.1chになっててこの記事を見て直せました。本当にありがとうございます。

返信する
緋色

音は出ているのに何かオカシイというのは、音が出ていない症状よりも逆に厄介だったりしますよね。
こうやってご報告を頂くと、記事にしておいて良かったと思えます。
コメントありがとうございました。

返信する
さとし

私もSound Blaster Audigy FXでまったく同じ症状が出たため、この方法で治りました。とても助かりました。有難うございます。
ちなみにSBをインストールしたのは、オンボードのRealtekから突然音が出なくなったからなんです。こちらはいろいろ試したり検索してみましたが、解決方法が分かりませんでした。

返信する
緋色(管理人)

オンボードで音が出なくなってSBを導入したら今度はSBの音が変になって…という状況だった訳ですか…災難でしたね。
5.1chは普段使っていない人間にとっては盲点だと思うので、この記事がお役に立てたなら幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。