「信州まぞくころし」に感化されてスーパーで見つけた美味しい日本酒【まちカドまぞく】

青天の霹靂桃川大吟醸純米酒
©桃川株式会社

まちカドまぞく」と信州の酒蔵「舞姫」さんのコラボ酒「信州まぞくころし」…正直美味しすぎました。

まぞくころしキービジュアル【まちカドまぞく】「信州まぞくころし」が届きました!味やパッケージの感想・ヒエログリフの解読【信州諏訪の酒蔵「舞姫」】

こうなってしまうと日本酒について色々と模索したくなる性分の自分。

とりあえず手近な所で近所のスーパーにて良い感じのお酒を探して見ました。

純米大吟醸小瓶inスーパー

今回物色した条件はこちら

  • お値段は信州まぞくころしよりもお手頃な感じで
  • そんなにたくさん飲めないので小さい瓶(300ml)で
  • とりあえず純米大吟醸路線で

こんな感じで物色してみたんですが、意外と種類がありませんでした。

特に純米大吟醸縛りとなると結構厳しく、ほんの2,3種類しかなくて残念。

どうやら高いお酒は720ml以上の瓶が多いようです。

個人的には高いお酒ほど小瓶でも販売してもらいたいなぁと思うんですが、何かしらの慣習があるのでしょうか?

そんな中で2種類を見繕って買ってきました。

そのうち一つはですね・・・正直美味しくなかった。

自分は美味しく感じられなかったので紹介は避けますが、有名な酒造会社の純米大吟醸です。

精米歩合は50%でしたが、なんというか・・・いや、これ以上は止めておきましょうか(汗

やっぱり信州まぞくころしは本当に美味しいお酒だったんだなぁと実感しつつ、もう一つの方へ手を付けてみました。

こちらは・・・大当りです!

青天の霹靂 桃川大吟醸純米酒

© 桃川株式会社

自分が購入したのは300ml瓶ですが、このお酒が非常に美味しかった!

流石に信州まぞくころしとはお値段が倍以上違う(青天の霹靂の方が半額以下)ので、芳醇さと言うんでしょうか?口のなかから鼻孔へ抜けるふくよかさのようなものは一歩譲るものの、雑味のない、いつまでも舌で転がしていたくなるような純白の甘さが印象的です。

米が良いのか腕が良いのか・・・恐らくは両方なのでしょう。

ちなみに「青天の霹靂」というのはお米の名前です。

この米は、青森からの手紙
「青天の霹靂」は、誰もが驚くような旨さを目指して誕生したお米。青森の実力のすべてがつまっています。青森の深い森の、水の、土の、そして人の力。悠久の自然がお米の旨さをささえ、米づくりの経験と情熱がこの新品種を生み出しました。全国の人にこの旨さに驚いて、青森に驚いていただきたい。いわば青森からみなさんへお届けする手紙です。

青森のお米で青森の酒蔵が作った青森のお酒なんですね。

非常に飲みやすく、癖になる味わいですので、自分と同じように信州まぞくころしによって日本酒熱が高まっている方にお勧めしたい逸品です。

ちなみに通販もなさっているので、近場で見当たらない方はこちらを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。