高級キーボードの価値とは?静電容量無接点方式スイッチの東プレは良いぞ【REALFORCEの良さ、メカニカルとの違い】

REALFORCE-R2-JA4-BK

多くの人が日常的にキーボードを使って文字入力を行っていると思います。

それこそ一日の大半をキーボードの前で過ごすという人も少なくないかも知れませんね。

そんなキーボードですが、使用頻度や重要性の高さに比べると意外と無頓着な人が多いような印象があります。

でもですね、個人的な経験で言わせて頂くなら、キーボードには拘っても損はないと思いますよ?

キーボードの種類

キーボードには大きく分けて4種類のタイプが存在します。

  • メンブレン式
  • パンダグラフ式
  • メカニカル式
  • 静電容量無接点方式

それぞれを簡単に解説しましょう。

メンブレン式

安価なデスクトップ用キーボードは大体このタイプだと思って良いです。

キーの裏側にゴムが配置されており、その反発を利用してクリックを実現しているタイプですね。

非常に安価に作れて、尚且つ最近のものは打感も悪くないものが多いので、特に拘りが無ければこのタイプの商品を購入するのは全く間違った選択ではありません。

パンダグラフ式

ノートパソコンで採用される事の多いタイプです。

基本的にはメンブレン式と同じくゴムの反発を利用していますが、こちらはそれに加えてパンダグラフと呼ばれる機構が搭載されています。

メンブレン式に比べて薄く設計する事が出来る点でノートパソコン向きだと言えますね。

言い換えれば、ノートパソコンでも使えるメンブレン式=パンダグラフ式とも言えるでしょう。

メカニカル式

キーひとつひとつがメカニカルスイッチと呼ばれる機構を備えているタイプです。

razer-green-switch

https://www2.razer.com

ある意味ではキーボードの原始的なタイプとも言えるもので、安価なメンブレン式が普及するまではこのタイプが多かったようです。

現在では高級キーボードの代名詞的な存在となっていますが、その打感はやはりメンブレン式やパンダグラフ式とは大きく異なります。

カチャカチャカチャカチャ・・・と、ある意味ではしっかりとキーボードらしい音を鳴らす事が出来る、そのしっかりとした打感を体感できるのがメカニカル式の大きなメリットですね。

静電容量無接点方式

そして今回主に語りたいのが、この静電容量無接点方式です。

これまで紹介してきた方式とは異なり、スイッチの判定を「静電気量の変化」で感知してキー入力を察知しているという不思議な仕組みとなっており、その結果として入力感覚は非常に軽やかです。

メカニカル式のようなカチャカチャした音ではなく、言うなれば「ポフポフポフ」といったような打感となりますね。

独特な打感であるのは間違いないので、馴染む人にとっては替えの効かないキーボードともなりやすいのがこのタイプの特徴でしょう。

しかし価格設定はメカニカル式と並んで(あるいはそれ以上に)高額となっていますので、高級キーボードの最高峰といった印象も強いですね。

REALFORCEは良いぞ

自分はこれまで4タイプ全てに触れて来ていますが、個人的な印象としては、やはり静電容量無接点方式を強く推したい所です。

正直に言えば、メンブレン式のものでも十分に仕事なり趣味なりをこなせるわけですが、それでもやはり比較した場合には明確な違いがある事は否めません。

静電容量無接点方式はとにかく打感が軽い、軽いだけならメンブレン式も軽いんですが、軽いのにしっかりとした打感があり、なによりも静電容量無接点方式特有の「ポフ」といったクリック感が癖になります。

そしてこのタイプ最大の特徴として、指が疲れづらいというのも大きなメリットと言えるでしょう。

キータッチの軽さで言えばメンブレン式も十分に軽いんですが、あちらはしっかりとキーを押し切らなければならないという特徴があります。

それに比べると静電容量無接点方式は押し切らなくても反応してくれるような軽さがあるので、本当に入力が軽やかになります。

長時間文字入力をする機会が多い方なんかの場合なら、その性能差は実際に体感する事が出来るレベルだと断言できます。

自分自身、今のキーボードが壊れたとしても、また確実に東プレのREALFORCEを手に取っているだろうなと今から感じているぐらいのものです。

REALFORCE-R2-JA4-BK

そこそこ長く使っているキーボードなので汚れい関してはご容赦下さい…(一応若干掃除して撮影しましたが)。

これは「REALFORCE-R2-JA4-BK」といった機種です。

今から買うなら最新の機種を選択すると良いでしょう。

ちなみにこの方式で作られているキーボードは東プレに限らず存在していますが、そこはやはり日本製の東プレを選択するのが色んな意味でベターではないでしょうか。

さらに言えば今回のレビューにおいては、自分の静電容量無接点方式に対する認識は全て東プレのキーボードにおいての印象とイコールですので、他社の静電容量無接点方式がどういった打感であるかについては流石に保障はしかねるというのが正直な所です。

あえてキーボードにお金をかける

キーボードと言えばロジクール、というわけでロジクール製品さえ使っていれば安くて必要十分なキーボードが手に入ってしまう現実があります。

そこに留まるならそれも一つの考え方だと思いますが、しかしもし自分の生活においてキーボードが大きな役割を果たしているのだと感じるのであれば、あえてそこに対して少々の贅沢をするというのも悪くない選択ではないでしょうか。

メカニカルキーボードも悪くないですし、あの「カチャカチャ音」を味わいたい方には是非メカニカル式をお勧めします。

自分が所有しているのはRAZERの「BlackWidow X Chroma JP」というモデルなんですが、こちらの内心地も楽しいものです。

やはりメカニカルにはメカニカルの良さがありますから、とにかくコレが良い!という人の気持ちも非常に良くわかります。

しかしそういった点よりも、より疲れづらくて安定感のある動作を製品に求めたい…そんな方には是非とも少々お高めではありますが、東プレのREALFORCEシリーズを強くお勧めします。

これまで2000円や3000円のキーボードを使っていたという方に、その10倍や20倍、あるいはもっとするようなキーボードを勧めるのも若干心苦しい(?)というか、「そんなに払えないよー」と思う気持ちも非常に良く分かります。

とは言え、やはり日常的に使う道具にはしっかりとお金を払ってでも良いモノを揃えるというのは、それだけでも満足度の高いお金の使い方ではないかと思います。

たまにチョコチョコっと文字入力を行うだけだという方にとっては無駄に高い買い物でしかないかも知れませんが、日常的に多くキーボードと接している方に関しては、十分に有意義な「投資先」だと思いますよ。

キーボードの仕様と選び方

まず考えたいのはテンキーの有無です。

上がテンキーあり、下がテンキーなしです。

テンキーの有無に関してですが、これについてはとにかく「数値を入力する機会がどれぐらいあるか」と「机の広さ」を考慮して、どちらが自分に合ったタイプかを判断すると良いでしょう。

たまにしか数値を入力しないのであればテンキーレスの方がスッキリしており、マウスを扱う上でも手の移動距離が短くて済みます(テンキーのある位置でマウスを操作できる)。

また本格的に机の上をカスタマイズする事を考えると、テンキーはキーボードと別に用意するというスタイルも有り得るので、そういった事を考えている場合にもテンキーレスの方が都合が良いという事もあるでしょう。

テンキーの有無と共に、「かな表記あり/なし」と「日本語配列」か「英語配列」かの違いについてもご注意下さい。

意外と誤解している方も多いと思うんですが、日本語配列と英語配列の違いは印字されているのが「かな」か「アルファベット」かの違いではないんです。

ちなみに日本語配列と英語配列の違いについては以下の記事を参考として頂ければ幸いです。

【キーボード豆知識】日本語配列(JIS)と英語配列(US)の違い【メカニカルを買う上での注意点】

簡単に言えば、英語などしか入力しないのであれば英語配列でも良いでしょうが、日本語を入力するのであれば日本語配列が断然お勧め(かな入力・ローマ字入力どちらにしても)という事です。

「かな表記あり/なし」というのは要するにかな入力時に対応する五十音「あ、い、う…」をキーに印字していないという事です。

ローマ字入力をしている人が大半でしょうから、なくても困ることは基本的にありません(ない方が見た目がスッキリする)。

東プレ「REALFORCE」ラインナップ

最近の東プレはテンキーレスタイプを推しているようで、そうった機種が多く登場していますね。

Windows用とMac用が別に用意されていますので、お使いのPCによって選択してください。

もちろんテンキー搭載タイプも用意されています。

created by Rinker
東プレ(Topre Corporation)
¥31,483 (2021/05/16 05:36:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Realforce
¥29,600 (2021/05/16 15:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

最近ではゲーミングキーボード(平たく言えば光るキーボード)も手掛けています。

created by Rinker
東プレ(Topre Corporation)
¥27,533 (2021/05/16 11:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

自分もRAZERのゲーミングキーボードを一つ所有していますが、確かに薄暗い状況で使っていると綺麗だなと思います。

キーボードとしての性能は安心のREALFORCEクオリティーとなっているので、ゲーミングキーボードファンにとっても嬉しい機種と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。