このすばの人気投票(総選挙)は上手い手法【キャラクター投票のお手本、模範的ノウハウ】

このすば第二回総選挙トップ

つい先日に中間発表の行われた『この素晴らしい世界に祝福を!』(このすば)の第二回キャラクター人気投票ですが、第一回にしろ今回にしろ、この人気投票を企画している人は確りと心得ているなと感じる「良い人気投票」だと思います。

どのような点が良いのか、人気投票の必要性なども絡めつつ語って行きたいと思います。

第一回このすば人気投票は「めぐみん推し」

第一回のこのすばキャラクター人気投票に関する公式ページは消失していますが、当時の宣伝動画は残っています。

ご覧頂いた方は分かると思いますが、中々に露骨なめぐみん推しっぷりですね。

この第一回人気投票の結果はこちらで確認して頂きたいのですが、無事にというかなんというか、票数は定かではないもののどうやら圧倒的な得票数でめぐみんが一位を獲得したようです。

その結果めぐみんのスピンオフ作品が新たに生まれたのだったと思いますが、そもそもそれ以前からめぐみんは一番人気のキャラクターとして君臨しており、それによってすでにスピンオフ展開もされていた訳ですから、このすばファンの中には「まためぐみんか…」といった感想を抱いた方も多い事でしょう。

しかし、だからこその「公式めぐみん推し」なのです。

ファン心理として特定のキャラクターにばかり人気が集まり、そのキャラクター関連の展開ばかりが先走るような事になると、ついついその一番人気キャラを取り巻く環境自体に辟易としてしまうような事態も発生しやすくなります。

「まためぐみんか」「お前らホントめぐみんばっかだよな」「はいはい、めぐみんめぐみん」といった声がポツリポツリと聞こえて来そうなものです。

そこであえて公式側でめぐみんを優遇したような宣伝をする事で、「さすが公式汚い」といった方向へニュアンスを持って行こうとしたわけです。

まず間違いなく公式の推しがなくても、めぐみんは当然のように1位だったのでしょうから、公式の推しは全く大勢に影響を与えなかったのは想像に難くありません。

第二回このすば人気投票は「アクア推し」

対して今回の第二回人気投票に関してはアクアに5倍優遇を行っており、前回のめぐみん推しっぷりとは比べ物にならないレベルでのゴリ推しっぷりです。

ちょっと興味深いのはこの5倍という点。

恐らくは前回の投票結果を参考に設定しているであろう数値ですが、これはつまり3倍ぐらいじゃ(めぐみんに)勝てない(あるいは際どい)ぐらいに前回は差がついていたという事なのでは?なんて勘ぐってみたりもします。

実際の中間発表結果から言えば、チートなしの得票数でもアクアにかなり票が入っているので、それだけ当時から比べるとアクア人気が上昇しているという事なのでしょう。

自分も最初からキャラクター性だけで言えばカズマパーティーの三人娘の中ではアクアが一番好きでしたが、口調が最初はあまり好きじゃなかったような気がします(ウケるんですけどーってな感じの語尾が)。

今となっては随分と慣れた事もあってそこも気になりませんから、総合的に見ればやはりアクアが好きかなと(三人娘の中では)。

そんな訳でアクアが一位になって何かしらの展開があると嬉しいのですが、さすがにあの中間発表を見る限りでは安泰でしょうね。

本気で競わせちゃ駄目

キャラクター人気投票って作り手の立場から言えばあまり開催したくない人も多いんじゃないかと思います。

変な遺恨が残ってもアレだし、アニメの場合キャストさんの絡みもあるし…なんて事を色々考えると、開催するメリットよりもデメリットの方が大きいんじゃなかろうかと思わないでもないですね。

でも逆に言えば、そういった本気の人気投票にしない方向であれば色々と遊べるし盛り上がるしってな事で良いんじゃないでしょうか。

このすばのように公式があえて誰かを優遇してみるのはもちろん、もっといろんなキャラクターに投票する動機付けを行う事で、単純な人気投票では得られない面白みを表現する事も可能となるでしょう。

そう、本来はキャラクターの人気なんてものは受けて側が何となく把握しておけば良いものであって、公式が投票を取る事自体がナンセンスなのです。

本気で競わせる人気投票なんてやらなくて良いので、何か面白い人気投票を二次元業界の皆さんには企画開催して頂きたいと思っておりますよ。

なによりも、ファンが純粋に楽しめるものであって欲しいですね。


©暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。