I’veの歌姫(所属歌手)に関する個人的な印象と要望+I’ve運営へのエール

I'veロゴ

最近はI’veのNAMIさんがDJを務めるI’veサウンドDJ放送「NAMIの 皆様一緒に踊り語りましょう!」が毎週末の楽しみです。

懐かしい曲から新しい曲まで、I’veサウンドの歴史を丸ごと味わえる(ただしメジャー曲は除外)最高のひと時。

いつまで続けてくれるのか分かりませんが、本当にNAMIさんには感謝ですね。

投げ銭もできるようになって、それなりには入ってる状況ですから、その収益を参加者の皆さんが享受する事でこの放送が毎週末と言わずとも毎月の恒例行事として定着してくれたら嬉しいなと思っています(そういった状況が成立すれば投げ銭のしがいもあるってもんですし)。

とまぁそんな感じで最近はI’ve熱がまた高まってきている今日この頃なんですが、ここで個人的に現在の所属歌姫について、それぞれの印象と要望なんかを好き勝手に語ってみたいと思います。

あっ、MIX兄さんはこれからもマイペースに歌ってもらえたら嬉しいです!

IKU

terminal

個人的に「アニメ業界のプロデューサー連中は難聴揃いか?」と思うほど、IKUさんにアニメ主題歌の話が来ないのが謎。

冗談はさておき、現所属歌手の中でも圧倒的な自力でI’veサウンドを引っ張ってもらいたいのは間違いありません。

IKUさんに関してはもう完全に、音楽プロダクションとしてのI’veの力不足と言わざるを得ないんじゃないかと。

ボーカルに関しては特に不満はなく、もっと色々な場面で歌声を聞きたいなと思うばかりです。

何か良い話を持ってきてもらいたいですね。

RINA

PRISMATICA

現状アニメの主題歌を歌う可能性が最も高いのはRINAさんでしょうね。

ガーリーエアフォースでは挿入歌を担当していましたが、あの曲が流れた瞬間があのアニメで最も盛り上がったハイライトであったのは間違いない所。

願わくばヒット作と言えるレベルのアニメの主題歌を担当する事でブレイクの足掛かりをつかんで欲しい。

ただ個人的に気になるのは、数年前に感じていた歌声の可能性に比べると、上手にはなっているけど、どこかこじんまりとした所で落ち着いてしまっているような所。

「ある程度上手に聞こえる歌い方」で一段落付いちゃっているような、そんな感じ。

RINAちゃんはもっとやれるはず!と最近の曲を聴いていると思ってしまいます。

具体的に言えば、「successor」で感じた可能性の先を見せて(聴かせて)欲しいのです。

佐藤アスカ

CROSSOVER

アスカさんの歌声は凄く好きなんですが、歌い方というか、歌唱力に関してはまだまだ伸びしろがあるように思います。

というか、高瀬さんが言うところの「甘ったるい歌い方」以外のものがあまり上手ではないというか、バリエーションが足りないように感じます。

具体的に言えば、言葉運びが雑というか、もっと言葉と言葉のつなぎ方を滑らかにするような歌い方が出来ないと、「甘い歌い方が良い!」という以外の可能性が伸びて行かないんじゃないかと。

せっかく良い歌声を持っているのに、それを生かし切れていない感じが強いですね。

あと少々厳しい意見になってしまいますが、I’ve公式チャンネルで配信されている動画で歌っている「月光」を聞いた感想としては、上手なモノマネの域を出ていないように感じました。

繰り返しになりますが、とても良い声を持っていると思いますから、自分の声の真価を早く見出せるようにI’veのクリエイター陣は手助けしてあげて欲しいですね。

特に高瀬さんは、アスカちゃんの歌い方を誉めるばかりじゃ駄目だと思います。

「この癖のある歌い方が良い!」と言ってばかりでは、それしかできなくなってしまいますからね。

今のI’veには厳しさが足りないと思います。

Leina

Leina_2nd_EP_Noise

VAのコミケパックでデビューした時にたしか、「唯一無二の歌声」といったようなキャッチフレーズが使われていたと思いますが、レイナさんの歌声に強く心惹かれている人は多いでしょうし、自分もその一人です。

少年を思わせるその歌声には無限の可能性が詰まっていますが、今現在でもこの歌声を生かす歌い方というものを本人が理解して体現しているあたりは素晴らしいと思います。

「BRAVE FIGHTER」での言葉のつなぎ方、ブレスの入れ方、感情の込め方、そういった端々にセンスを感じます。

しかしだからこそ、やはりレイナちゃんに関しても持ち合わせている武器以外のバリエーションを求めたいのが率直な所です。

すでに自分の声の良さを理解しているからこそ、どうしてもそれを生かす方向に固執しやすいように思います。

それ自体は悪いことではないんですが、その武器をさらに鋭利に研ぎ澄ますためにも、全く違った歌い方を会得できるような、そんなディレクションをI’veクリエイター陣には期待したい所ですね。

頼みますよI’veさん!

現在所属している歌姫は、それぞれ確りとした実力や可能性を持ち合わせています。

しかしそれが花開くかどうかは本人たちの努力もさることながら、音楽プロダクションとしてのI’veの手腕に掛かっている部分も大きいでしょう。

この前のDJ配信でもコメント欄で「ファンクラブに入ります!」と言ってくれていたファンの方がいらっしゃいましたが、正直今のファンクラブクオリティーではガッカリさせるだけじゃないでしょうか?

別にことさら金の掛かる事をもっとやれという気はないのですが、もっと定期的に会員が楽しめる事、お得感のある事を「ちゃんと」実行していかないと、ある意味で「お布施」感覚で会費を払ってくれている長年のファン以外はどんどん脱落していってしまうでしょう。

とりあえず、去年やっていたような毎月楽曲配信と言っておきながらいきなりパッタリ止めちゃうような、そんな「駄目な素人のファンボックス運営」みたいな体たらくはどうにかして下さいね?

厳しい事ばかり言うようですが、期待の表れですのでね…本当に。


©fuctory RECORDS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。